いろいろな「カード現金化」の方法

カード現金化というのは、業者に頼る場合と個人で行う方法があります。
業者の場合は「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類がありますので、計3種類の方法に分けることができます。
今回はその3つの方法について説明していこうと思います。

業者によるカード現金化「買取方式」

カード現金化の方法の一つである買取方式は、極めて簡単なものです。
例えば業者から商品をクレジットカードで購入します。この商品はどんなものでもいいでしょうが、仮にこれが壺だと想定します。
あなたはその壺を業者から30万円で購入します。そしてすぐに同じ業者があなたからその壺を20万円で買取ます。その差額の10万円が業者の利益となるわけです。
これが買取方式の全容です。

業者によるカード現金化「キャッシュバック方式」

業者が指定する商品を購入することで、それに応じた還元率の現金が振り込まれるという方法です。
その還元率にはいろいろなプランが設けられている場合が多く、1週間後に入金されるプランだと多額のキャッシュバックがなされることがあります。
しかし、ほとんどの人は即金が欲しい方がほとんどでしょう。そうするとどうしても低い還元率で妥協するしかないのが現実です。

自分でカード現金化するには

業者に頼るとどうしても手数料を取られてしまいますので、自分でカード現金化をしたいという方もいることでしょう。
自分でやる場合、簡単に行ってしまえば「転売」です。売却時の価格が高い商品を購入し、転売することで高い還元率で現金を手にすることができます。

最後に

カード現金化にはリスクが伴います。自己責任だということは覚えておきましょう。